体内に乳酸菌を増やそう!

何から摂る?乳酸菌

乳酸菌は細菌の一種でそのままの形で摂取することはできません。
食品やサプリメントから摂取するのが一般的です。
それではどのような食品やサプリメントから摂取することができるのでしょうか。
見ていきましょう。

乳酸菌が摂取できる食品

ヨーグルト

こちらにも書いてあるように、生乳を乳酸菌で発酵させた食品です。
ブルガリア菌やガゼリ菌などメーカーや商品によってさまざまな乳酸菌が使われています。
乳酸菌によって効果や味も異なるので、いくつかのヨーグルトを試して気に入ったものを選ぶとよいでしょう。
ヨーグルトは牛乳に多く含まれる乳糖が乳酸菌により分解されているため、乳糖不耐症の人でも食べやすくなっています。
近年は生きて腸まで届く乳酸菌を配合したヨーグルトも登場しています。

チーズ

チーズは牛乳を乳酸菌で発酵させ、ホエイという水分を除いて固めたものです。
その状態のチーズをナチュラルチーズと呼び、乳酸菌による発酵が進むため、時間とともに味や風味が変わります。
ナチュラルチーズから加工したものをプロセスチーズと呼び、プロセスチーズは乳酸菌を死滅させるため、時間を置いても味や風味は変わりません。
塩分が多いため、食べ過ぎには注意が必要です。

キムチ

キムチは白菜などの野菜を塩・唐辛子・にんにくなどを加えて乳酸菌の力で発酵させた食品です。
食事と一緒に手軽に食べられる乳酸菌食品ですが、塩分が強く胃の粘液を傷める成分が含まれているため、食べ過ぎには注意してください。

乳酸菌サプリメント

乳酸菌サプリメントは粒状のものや顆粒状のものがあります。
乳酸菌を生きた状態で腸まで届けることに特化した商品が多く、1回の摂取で数十億個以上の乳酸菌を摂取できるのが特徴です。
また、乳酸菌サプリメントは1ヶ月分など多くの量が含まれていることが多く、他の栄養分を摂りすぎることなく継続的に大量の乳酸菌を摂取するのに適しています。
また、乳酸菌の効果と食品・レシピについても合わせてご覧ください。詳しくはこちらhttp://www.futabakai.jp/koukatosyokuhinn.html

↑go to top